Kubernetes(k8s)設計・構築・運用

ビヨンドのサービス案内

Kubernetes の設計・構築・運用を DevOPS・CI/CD の技術で ご支援いたします。

Kubernetes(k8s)とは、アプリケーションの展開・スケーリング・管理を自動化するための基盤と提供する、オープンソースのコンテナオーケストレーション技術です。ホストOS上に立ち上げた「複数のコンテナ」のスケジューリング・死活監視・ロードバランシングなどを統合的に管理することで、拡張性・柔軟性のあるシステムの運用・管理を実現できます。

ビヨンドでは この Kubernetes の基盤に対応した各種クラウドサービスと、コンテナ仮想化を用いてアプリケーションを開発・配置・実行するためのオープンソースソフトウェアである Docker を利用して、DevOPS・CI/CD(アプリケーションのデプロイ・スケーリング・自動運用など)の機能を有するインフラ基盤の設計・構築・運用を支援いたします。

Kubernetes(k8s)コンテナ

様々なクラウドによる コンテナ環境の導入をご支援いたします

ビヨンドでは DevOPS・CI/CD の技術を用いて、Kubernetes 環境の設計・構築から運用までをサポートいたします。
マルチクラウド対応が可能なビヨンドでは、AWS Fargate や Amazon EKS・Google Kubernetes Engine(GKE)など、
様々なクラウド環境によるコンテナ導入のサポートをおこなっております。


  • ~ AWS Fargate ~


    Amazon Elastic Container Service (ECS) と Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) の両方で動作する、
    コンテナ向けのサーバーレスコンピューティングエンジンです。
  • ~ Amazon EKS ~


    AWSのクラウド上で Kubernetes を開始・実行・スケーリングする柔軟性と高可用性で安全なクラスターを提供し、
    パッチ・プロビジョニングなどの主要タスクを自動化します。
  • ~ GKE ~


    Kubernetesをベースとした Google のインフラを使用して、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイ・管理・スケーリングをおこなうマネージド環境を提供します。
  • ※ 上記のサービスラインナップは一例です。上記に無いコンテナ環境のサービス導入をご希望の場合は、別途ご相談ください。

Kubernetes のコンテナ環境を活用するメリット

Kubernetes は、複数のDockerホストを管理して、コンテナクラスタを構築します。
コンテナをKubernetesで実行する際、同じコンテナのレプリカとして展開することで、負荷分散やオートスケーリング・耐障害性が向上します。


拡張性

◆ メリット ①:拡張性

コンテナはゲストOSがなく ホストOSのカーネルを共有しているため、オーバーヘッドが少なく起動はもちろんビルドやデプロイも迅速に実行可能です。また、要求に応じて必要なリソースを迅速に展開できるメリットがあります。従来のように サービス・アプリケーションの用途ごとに、それぞれ新しくクラウド / サーバーの環境を構築するよりも コストを抑えることが可能です。

効率性

◆ メリット ②:効率性

アプリケーションをマイクロサービス化することで、サービスの開発と実行がよりスピーディーとなるため、アプリケーション固有のワークフローを効率化することが可能です。システムの構成管理を自動化することで、より拡張性のあるシステムを得ることができます。これにより、インフラとアプリケーションの垣根を超えたポータビリティを実現できます。

運用性

◆ メリット ③:運用性

従来のハイパーバイザー環境では、ログの管理・データ管理・コンテナの死活監視などをそれぞれのゲストOSに対して適用する必要があります。Kubernetesのコンテナ環境であれば、アプリケーションのデプロイ・拡張の作業も効率化できるので、従来のシステムにおける運用・管理の課題を解決に導きます。

ビヨンドの Kubernetes 設計・構築・運用サービス

コンテナ環境で稼働するアプリケーションの用途をヒアリング・定義させていただき、
お客様が効果的に Kubernetes 環境を利用するために、最適なインフラ設計・構築・運用の技術サポートをおこないます。


設計フェーズ

◇ ステップ ①:設計フェーズ

コンテンツの運用が始まってから困ることが無いように、お客様のご要望をしっかりと ヒアリングさせていただき、 適切な Kubernetes コンポーネントの選定 や アプリケーションの設計、ログ・バックアップの定義など、細部までこだわった設計をおこないます。

構築フェーズ

◇ ステップ ②:構築フェーズ

Kubernetesコンポーネント用のマニフェスト作成・Dockerファイル作成など、 設計した通りのコンテナオーケストレーション環境の構築をおこないます。コンテナオーケストレーションの構築が完了した後は、Kubernetes のコンテナ設定情報をご提供いたします。

運用フェーズ

◇ ステップ ③:運用フェーズ

クラウド / サーバー の 運用保守・監視のプロフェッショナルであるビヨンドが サービス外形監視・リソース監視をはじめとして、日々アップデートされるコンテンツに合わせた コンテナオーケストレーション環境の変更もサポートいたします。

お問い合わせする