Shopify ECアプリ開発

ビヨンドのサービス案内

拡張性に優れた Shopify を、
最適なネットショップへ独自カスタマイズ

Shopify(ショッピファイ)は、世界最大規模のECプラットフォームであり、サービスの利用件数においては、世界175ヵ国 170万件以上 となっています。ネットショップの運営に必要不可欠な、購入手続き後の 決済・配送 といった基本機能から、デザイン性の高いページテーマ、高機能なアクセス解析ツール など、ネットショップ運営に必要な機能が、標準で用意・提供されています。

これらのネットショップ運営に必要な機能が「$29 / 月額」からのプランで使用することができ、短期間・ローコストなネットショップの開設を実現します。また、ネットショップの要件・仕様に応じて、サブスクリプション型の外部アプリを使用・連携することで、ネットショップの機能を柔軟に拡張することができます。50言語 130ヵ国以上 の通貨にも対応しているため、日本国内のみにとどまらず、海外との越境ECを展開することも可能です。

ビヨンドでは、Shopify(ショッピファイ)の拡張性・自由度の高さを活かし、お客様・企業のビジネスに適した、独自のECアプリ・ネットショップのシステム をご提供いたします。

Shopify ECアプリ開発

◆ ビヨンドの Shopify ECアプリ開発 の特徴 ◆

ビヨンドでは「Shopify で標準提供されている機能だけでは足りない」「既存のプラグイン拡張 / アプリ連携の機能では対応できない」といった、これらのような お客様・企業からのニーズに応じて、Shopify API / SDK を用いた 独自のカスタムアプリ開発や、AWSなどのクラウドサービスを活用した システム連携の開発支援をおこなっています。

ビヨンドが強みとする、OSS(オープンソースソフトウェア)技術・AWSなどのクラウド環境を駆使した システム開発の技術を駆使することで、ネットショップの仕様・機能・特性に適した ECアプリの提供を実現し、Shopify を用いたネットショップのシステム運用・連携にまつわる課題を解決します。

  • クラウド技術の性能・利点を
活用したシステム開発
    クラウド技術の性能・利点を
    活用したカスタムアプリ開発
    Shopify ECアプリ開発 のプラットフォームとなる、Shopify や AWS などのクラウドが提供する 様々なサービス機能を駆使し、クラウド技術の特性や利便性を活かした、スピーディーでロスのない ECアプリのシステム開発 を実現します。
  • OSS技術を中心としたシステム開発の強み
    OSS技術を中心とした
    カスタムアプリ開発の強み
    PHP や MySQL などの OSS技術 を利用した、ポータルサイト や 予約システム・ECサイト・API / DB 連携開発など、システム開発に関する 様々な知見・ノウハウが多彩にあります。もちろんサーバー設計 / 構築もお任せください。
  • 多種多様なシステムの
API / DB の連携開発
    多種多様なシステムの
    API / DB 連携開発
    クライアントサイド / サーバーサイドとのデータ更新連携、別々のシステム同士との機能連携、ログイン基盤の統合など、様々な独自APIの開発を手掛けてきた豊富な技術力で、アプリケーション運用の利便性を向上します。

◆ ビヨンドの Shopify ECアプリ開発 の技術 ◆

ビヨンドでは創業以来、ポータルサイト や 予約システム・ECサイト・ソーシャルゲームAPI などに代表される Webシステム / サービス の受託開発を、OSS(オープンソースソフトウェア)の技術を駆使して多数手掛けてきました。

また、AWS などの 様々なクラウド / サーバー構築・運用の 豊富な技術力・ノウハウを有しているので、システム開発とインフラ構築 をまとめてお任せいただけます。Shopify を用いたECアプリのリリース後における、プログラムとサーバーの運用も、オールインワンでまとめてサポートいたします。


Shopify の様々な開発ツールを活用したカスタム開発 イメージアイコン

● Shopify の様々な開発ツールを活用したカスタム開発

Shopify には 独自のECアプリを開発するために、様々な API / SDK・ライブラリが提供されています。ビヨンドでは、これらの開発ツールを駆使して、ストア構築・アプリ開発・テーマ制作・サーバー構築・システム連携 などの、Shopify を用いた ネットショップのカスタム開発を支援します。

Shopify の独自言語 Liquid でのフロントサイド開発 イメージアイコン

● Shopify の独自言語 Liquid でのフロントサイド開発

Liquid(リキッド)は Shopify が独自に提供する、フロントサイドのプログラミング・テンプレート言語です。Liquid と 様々な API / SDK の機能を併せて、Shopify のECアプリで使用する、リッチなページテーマの制作や、インターフェースの拡張・調節などのカスタム開発をおこないます。

Webhook による 外部システムとのデータ連携開発 イメージアイコン

● Webhook による 外部システムとのデータ連携開発

Shopify と 外部システムとの間で、イベントデータの更新・同期などの連携をおこなう場合、Webhook の機能・要素が重要な役割を果たします。これまでに培った サーバーサイド開発の実績・技術・ノウハウを活かし、外部システムとのデータ連携に必要な システム設計・開発を支援します。

 AWSなどのクラウドを駆使したシステム構築・開発 イメージアイコン

● AWSなどのクラウドを駆使したシステム構築・開発

変化の速いインターネットの世界では、より柔軟性・拡張性のある Webシステム / サービス が求められるため、クラウドが持つ性能・利点を活かしたシステム構築・開発が適しています。AWS の各種サービス を始めとする、様々なクラウド技術を活用した ECアプリの構築・開発をおこないます。

OSS技術を活用したシステム開発・サーバーサイド開発 イメージアイコン

● OSS技術を活用したシステム開発・サーバーサイド開発

ビヨンドのシステム開発 や サーバーサイド開発では、PHP や MySQL などの OSS(オープンソースソフトウェア)を活用したシステム開発を得意としています。創業以来、OSS 技術・環境でのシステム開発に注力しているため、OSS に関する豊富な技術とノウハウに優位性があります。

サーバー / インフラを意識したシステム設計・運用 イメージアイコン

● サーバー / インフラを意識したシステム設計・運用

Webシステム / サービス の デザイン・仕組みが優れていても、サーバー / インフラ の状態が不安定だと 本来のパフォーマンスを発揮できません。マルチクラウドインテグレーター・MSP として、様々なシステムの課題を解決してきた技術力で、Webシステム / サービス の安定稼働を実現します。

※ 上記の技術スタックは一例です。これまでのシステム開発の実績で蓄積された技術、先端の技術を駆使したシステム開発など、ネットショップの仕様・機能に適した技術を選定することが可能です。これらに記載のない技術スタックで ご要望がありましたら 別途ご相談ください。

~ このような「お悩み・ケース」はありませんか?まずは一度ご相談ください! ~

  • 標準機能だけでは足りないので、機能のカスタムをしたい
  • 追加したい機能のプラグインアプリが 日本語対応していない
  • Shopify導入における、販売フローの実現性・リスクを相談したい
  • すぐにショップ開設が必要になったが、どう進めていくべきか相談したい
  • 請求書作成など 日本国内の仕様にあったプラグインアプリが欲しい
  • テーマページの開発、機能の追加だけをお願いしたい
  • 本来のサービス開発に専念し、ビジネスの価値を創出することに集中したい
  • 課題解決型のアプローチで技術支援をしてほしい
  • 可能な限り、サービスの運用コストを低減したい。
  • そもそもシステムに詳しい担当が自社にいない

◆ Shopify ECアプリ開発 のプラン(一例)◆

Shopify のカスタム開発で、ネットショップ独自の仕様に沿った機能を実装すれば、ネットショップの利便性の向上に繋がります。しかし、Shopify の効果を最大限に引き出すためには、技術的な専門知識が必要とされ、お客様・企業によっては、システム開発に必要な技術やノウハウに起因する障壁、システム開発のリソース不足というような課題が見受けられます。

そういった背景をもとに、ビヨンドではイチ早く、Shopify のカスタム開発のニーズに注力し、Shopify の性能を より発揮させるためのカスタム開発をおこなっています。大規模・高負荷な Webシステム / サービス の開発、クラウド / サーバーの 構築・運用の実績に基づいた技術力とノウハウを融合し、最適な ECアプリ ・ネットショップのシステムをご提供いたします。

Shopify ECアプリ
カスタム開発例 ①

Shopify ECアプリ開発例①

Shopify を用いた ネットショップの開設で、ページテーマの制作・アプリの機能拡張をおこなう、ネットショップのサイトデザイン・機能の強化、スモールスタートに最適なカスタム開発のプランです。

● ストア構築:なし
● アプリ開発:1機能
● 開発期間:約1ヶ月
● 開発費用:500,000円 ~(参考)

Shopify ECアプリ
カスタム開発例 ②

Shopify ECアプリ開発例②

Shopify の機能を使用した ページテーマの制作・アプリの機能拡張に加え、ストアの構築・独自アプリの開発など、中規模なネットショップの開設 や リニューアルに最適なカスタム開発のプランです。

● ストア構築:あり
● アプリ開発:3機能
● 開発期間:約3ヶ月
● 開発費用:1,500,000円 ~(参考)

Shopify ECアプリ
カスタム開発例 ③

Shopify ECアプリ開発例③

複数のアプリ機能の開発に加え、Shopify と 外部システムとのデータ連携のために、別途 AWSなどの クラウド / サーバーを構築し、Webシステムの開発を要する、大規模なカスタム開発のプランです。

● ストア構築:あり
● アプリ開発:4機能 以上
● 開発期間:約6ヶ月
● 開発費用:要件により別途ご相談

※ 上記のプランは参考・一例です。Shopify を用いた ネットショップの要件・仕様・機能に応じて、開発内容 および 開発費用 は変動いたします。詳細については別途お問い合わせ・ご相談ください。

◆ Shopify ECアプリ開発 の流れ ◆

お客様が実現したい Shopify のカスタム開発・システム連携の構想がまとまっていない場合でもご安心ください。Shopify のカスタム開発・システム連携の検討段階からのヒアリングに始まり、システム設計 ~ 実装 ~ テスト ~ リリース後の運用サポートまで、Shopify のカスタム開発・システム連携に必要な全ての作業工程を一元化することで、確かな品質の ECアプリのシステムをご提供いたします。

開発フェーズ主な作業内容
開発フェーズ / 主な作業内容
① ヒアリング・要件定義
お客様が求めるサービス / コンテンツをどのように実現するか など、システムの要件を洗い出す(定義する)工程です。エンジニアが初期の構想段階から参画し、お客様と一緒にシステムの仕様などを検討・決定していきます。
② 基本設計(外部設計)
定義されたシステムの仕様 / 機能 の要件に基づいて、システム / アプリケーションの操作性・効率性などの性能を定める、UI / UXを設計する工程です。利用者にとってストレスの無い、使いやすいシステム設計をおこないます。
③ 詳細設計(内部設計)
システム / アプリケーションの構造(機能や動作)に関する設計をおこないます。開発に使用するプログラミング言語、サーバー / データベース / API連携の構成の決定、本番リリース後のメンテナンス性も考慮した設計をおこないます。
④ プログラム開発・実装
上記の ①~③ で決定した仕様に沿って、PHPなどのプログラミング言語 や AWSなどのインフラ(サーバー / データベース)の技術を駆使して、システム / アプリケーションの構成に必要な開発・構築をおこないます。
⑤ 単体テスト
上記の ④ で実装した、それぞれのプログラム(システム / アプリケーション)の機能が、個々の単位(ユニット)で動作するかをテストする工程です。プログラムの不具合やバグが無いか、機能が正しく動作するか などを検証します。
⑥ 結合テスト
上記の ⑤ で検証した、それぞれ複数あるプログラムのユニットを、1つのグループとして結合し、引き続きテスト・検証をおこないます。この結合テストの工程においても、不具合やバグが無いか、正常な動作であるか などを検証します。
⑦ 総合テスト
システム / アプリケーション 及び サーバー / データベース / API など、開発したシステム全体のテストをおこないます。開発したシステム・アプリケーションが、本番での利用を想定した完成品として動作するかを検証します。
⑧ 運用テスト(お客様で実施)
システム / アプリケーションを納品・リリースする前の工程です。お客様や利用者が、実際にシステム / アプリケーションを利用する際に、期待するシステムの要件を満たした動作・機能するか を確認いただく最終テストです。
⑨ システム移行(本番リリース)
上記の ⑤~⑧ のテスト工程で検証し、システム / アプリケーションの品質がクリアになったあと、システムを本番環境へ移行します。その後 お客様 や サービスの利用者・マーケットにリリース(公開)され、サービスが開始されます。
⑩ 運用保守 ※ オプション
納品・リリース後の システム / アプリケーション や インフラの安定稼働を目指すため、日々の運用保守のサポートをおこないます。予期しない急遽のシステムトラブルや、継続的なシステムのメンテナンス・アップデートに対応します。

※ 上記のシステム開発の工程・作業内容は「ウォーターフォール形式」の一例です。

開発するシステムのジャンルによっては、全てのシステム / アプリケーションの機能が 一度にリリースするのではなく、段階的 及び 継続的にリリースされるサービス / コンテンツもあります。そのような要件が伴う システム開発であれば「アジャイル形式」の開発方法が適する場合があります。詳細については別途ご相談ください。

お問い合わせ・資料ダウンロードする