【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【中国法人に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【中国法人に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

ec2にてftpでパッシブを使用するときにハマったポイント

インフラチームの伊藤です。

ec2インスタンスでFTP(vsftpd)をパッシブで使う機会があったときになかなかうまくFTPの通信が出来なかったので、
押さえておくべきポイントを紹介しておきたいと思います。

vsftpdって、Very Secure FTP Daemonの略だったんですね。

セキュリティグループだけじゃない

ec2のファイアウォールとしてセキュリティグループで制御する方が多いかと思います。

セキュリティグループを使って、FTPを使用するIPアドレスのみを許可する、って流れですね。
また、FTPでパッシブを使うときは、セキュリティグループにてパッシブのポートも解放してあげる必要があります。

こんな感じ
SnapCrab_NoName_2016-4-25_23-4-43_No-00

で、vsftpd側でも設定してあげます。
パッシブを使う、パッシブに使うポートの設定です。

# vim /etc/vsftpd/vsftpd.conf
pasv_enable=YES
pasv_min_port=60000
pasv_max_port=60030

ただ、これだけじゃ繋がらないんですよね。。。

ec2においてvsftpdがパッシブするときの通信

ec2って、基本的にパブリックIPを知らないんですよね。
ifconfigしてみると、ローカルIPのみ返ってきますよね。

ってことは、パッシブ通信を行うのは「ec2インスタンスのローカルIP」ということになります。
「ftp通信は出来るけど、パッシブ通信が出来ないからディレクトリの一覧は出せないよ」というようなことになり、FTP接続に失敗します。

これを解決するには、パッシブ通信をすべきIPアドレスをvsftpdに設定してあげるとOKです。
こんな感じ。

# vim /etc/vsftpd/vsftpd.conf
pasv_address=<パブリックIP>

FTPはこれで大丈夫です!!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
2
読み込み中...
2 票, 平均: 1.00 / 12
11,922
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author