【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

Apache2.4でのtomcat連携で内部ELBを使うと「too long」のエラーが出る

インフラエンジニアの伊藤です。
AWSのサーバー構成で、Webサーバでアクセスを受けて、後ろにあるアプリケーションサーバーに対してリクエストをプロキシする
という構成はよくあると思います。

その際に、やっぱり可用性を考慮すると、各サーバは冗長化するほうがいいですよね。
ってことはこんな構成。

WebサーバとしてApacheを使っていて、アプリケーションサーバはtomcatを使う
こんな構成もよくあると思います。

で、Apacheがtomcatに投げるときにハマったので、その解決策を残しておきたいと思います。

ProxyPassの設定でハマった

Apacheのバーチャルホストに、受けたリクエストをtomcatに流す記載をします。

ProxyPass / ajp://internal-elb-xxxxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com:8009/

ProxyPassを使って、アクセスが来たものをajpの8009ポートにリクエストを投げています。
「internal-elb-~~」と書かれているのは、内部ELBになります。

ただし、この状態でApacheのシンタックスチェックをすると以下のようにエラーが出力されます。

# httpd -t
ProxyPass worker hostname (internal-elb-xxxxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com) too long

ProxyPassに投げるホスト名が長すぎる…
そんなこと言われたって、内部ELBのホスト名ってこんな感じなるし、IPアドレスも固定じゃないし、どうすりゃいいねん!!
となってしまいました。

Rewriteルールで対応

今回の構成では、ProxyPassでtomcatに向けてそのまま投げてくれたらOKなので、
下記のルールに変更しました。

RewriteEngine on
RewriteRule ^/(.*)$ ajp://internal-elb-xxxxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com:8009/$1 [P,L]

rewriteルールを使います。
rewriteとして、全てに来たらajpに対して投げる、というようなルールです。

これで無事ApacheのリクエストをTomcat(内部ELB)に投げてくれるようになりました。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
2,905
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author