【AWS】EC2インスタンスのAMIを別リージョンにコピーする方法


インフラエンジニアの寺岡です。

今回はちょっとした便利機能、作成したAMIを別リージョンにコピーする方法をご紹介します。

1.AMIを作成

まずはコピーしたいインスタンスからAMIを作成します。

コピーしたいインスタンスを選択>イメージ>イメージの作成から作成できます。

今回は東京リージョンに「AMI-Copy-Test」という名前で事前にAMIを作成しておきました。

 

 

2.AMIのコピー

作成したAMIを別リージョンにコピーします。

今回は東京リージョンに作成したAMIをオレゴンリージョンにコピーしたいと思います。

AMIの一覧からコピーしたいAMIを選択>AMIのコピーから他リージョンへコピーが可能です。

AMIのコピーを選択すると以下のような画面が表示されます。

 

 

送信先リージョンとして「US West(Oregon)」を選択します。

名前を「AMI-Copy-Test-Oregon」に変更して「AMIのコピー」をクリックします。

 

 

AMIのコピー操作が開始されましたね。

コピー先のオレゴンリージョンのAMIの一覧を見てみましょう。

 

 

先程東京リージョンからコピーしたAMIが表示されています。

このAMIからインスタンスを作成することで

オレゴンリージョンにも全く同じ構成のインスタンスを構築することが可能です。

3.まとめ

作業自体はとても簡単ですが便利な機能です。

AWSではAMI以外にも、RDSのスナップショットなどもコピーすることが可能ですので

別リージョンに同じ構成のインフラを構築することがかなり容易に行えるようになっております。

皆様もぜひお試しください。


この記事をかいた人

About the author

寺岡佑樹

2016年新卒入社、現在4年目。
SREとして、社内の運用業務の仕組みの検討・実装をしつつ
社外で技術的な登壇を行うエバンジェリスト的な側面も持つ。

・GitHub
https://github.com/nezumisannn

・登壇経歴
https://github.com/nezumisannn/my-profile

・発表資料(SpeakerDeck)
https://speakerdeck.com/nezumisannn