【新卒 / 中途採用】サーバー / クラウドエンジニア 募集中!【大阪】

【新卒 / 中途採用】サーバー / クラウドエンジニア 募集中!【大阪】

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【システム開発サービス】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)| Webシステム開発

【システム開発サービス】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)| Webシステム開発

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

ビヨンド公式YouTubeチャンネル「びよまるチャンネル」

ビヨンド公式YouTubeチャンネル「びよまるチャンネル」

【簡単】【画像付き】GASでchatworkに自動通知を送る方法


 

こんにちは!システムソリューション部の友紀です。

今回はGASを使って簡単にchatworkに自動通知を送る方法を記載します。

 

▼自動通知を設定した背景(読まなくても出来るので、お急ぎの方は飛ばしてください。笑)

私が自動通知の設定をしたきっかけは、チーム夕礼(夕方頃、各チームでタスクの進捗等を確認する会)の前に、

チーム全員にタスクの棚卸をリマインドするためのメッセージを自動通知することになったことです。

(いい意味で)労力を使わずに設定したかったので、簡単そうなGASを使って自動通知の設定をしてみたところ、

予想より全然楽に自動通知が出来たので、ブログにしてみました。

 

それでは本題ですが、下記①から⑩までの流れをたどるだけで、簡単にchatworkに自動通知を送れます。

 

実践!!

①googleドライブを開く

 

②「+新規」>その他>「Google App Script」を選択する

 

 

③新しいエディタになってたら古いエディタを使用する

 

⇒「以前のエディタを使用」>アンケートに答えて「送信」する

⇒下記画像のような画面ならOK

 

④「ファイル」>「名前を変更」 で分かりやすい名前を適当につけておく

 

 

⑤「リソース」>「ライブラリ」>「M6TcEyniCs1xb3sdXFF_FhI-MNonZQ_sT」を入力>「追加」

 

 

⑥バージョンを1番新しいものを選ぶ>「保存」>画面上に黄色い枠に囲まれた文字が出たら成功

 

 

⑦下記の文をコピペして入力する

 

function chatNotify() {
var client = ChatWorkClient.factory({token: "ここにChatwork API トークンを記載(自動通知を送信するユーザーのもの)"});
client.sendMessage({
room_id: ここにチャットを通知したいグループチャットのIDを記載,
body:
"ここに自動通知したい内容を記載"});
}

Chatwork API トークンの取り方

グループチャットIDの確認方法

 

⑧保存する

 

 

⑨時計マークの「現在のプロジェクトのトリガー」を選択する

 

 

⑩「+トリガーを追加」から自動通知を送る日時を設定する

 

※トリガーは複数追加できるので、いくつかのトリガーを組み合わせることでより細かい通知設定も可能となります

 

以上です。

(伝えたい内容だけ書いたので簡素な記事になりました。笑)


この記事をかいた人

About the author

友紀

菊地友紀
東京⇒大阪