【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「beSIM(ビーシム)」

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「beSIM(ビーシム)」

【中国法人に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【中国法人に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

AWS Chatbot で CloudWatch アラームを Slack へ通知しよう!

目次

*三木ジェット(神戸摩耶)

こんにちは!
株式会社ビヨンド大阪オフィスのラーメン王、ヒデです。
今回が5回目の投稿です。

前回は最近、僕が案件でも実装しました、CloudWatch アラームを Teams・Chatwork に通知することについて話しました。

今回は、AWS Chatbot で CloudWatch アラームを Slack へ通知する方法について話します。

前回のブログ記事では、AWS Lambda・Python を触って通知する面白い記事を書いたので、ぜひ興味ある方は見てくださいね!

CloudwatchアラームをTeams・Chatworkに通知してみた!

構成図

構成図は上記になります。

CloudWatch で EC2 のメトリクスを取得して、アラームが発生すれば SNS に通知します。そして、SNS は CloudWatch から送られてきたアラームを Chatbot に送信します。

次に、Chatbot はそのアラームを Slack に送信するという流れになります。Teams・Chatwork よりも AWS Lambda を使わない構成なので、簡単に実装できます。

では、一緒に頑張って構築していきましょう!

構築手順

① SNS

①-①:SNS > トピック > トピックの作成をクリック

①-②:以下情報を指定して【トピックの作成】をクリック

● タイプ:スタンダード
● 名前:好きな名前を記入してください

 

①-③:正常に作成されたことを確認する

② Chatbot

②-①:Chatbot > 設定済みクライアント >【新しいクライアントを設定】をクリック

②-②:Slackを選択して【設定】をクリック

②-③:ワークスペースにサインインする

*すでにログインしたことがある場合は、以下の画面になります。
新しいワークスペースを作成する場合は、右上から【別のワークスペースを追加する】をクリックしてください。

*Slack のワークスペース URL を見つける方法は以下になります。

参考:自分が参加しているワークスペースの Slack URL を確認する

1. 参加しているワークスペース名をクリック

 

2. ワークスペース名の下に、参加しているワークスペースの Slack URL を確認

②-④:指定のワークスペースにログインする

②-⑤:権限を許可する


②-⑥:承認の確認後に【新しいチャネルを設定】をクリック

②-⑦:設定名を入力

*設定名は任意なものを設定してください。
*CloudWatch Logs にログを記録したい場合は、チェックを入れてください。

②-⑧:Slack チャネルを選択

*パブリック・プライベートを選択してから、チャネル名を選択してください。

②-⑨:ロールを設定

● チャネル IAM ロール
Slack のチャンネルにいる全メンバーに同じ権限を付与するロール

● ユーザーロール
Slack のチャンネルにいるメンバーそれぞれに別々の権限を付与するロール

②-⑩:チャネル IAM ロールを設定

*チャネル IAM ロールは【テンプレートを使用して IAM ロールを作成する】を選択。
*ロール名は、お好きなものを決めてください。

②-⑪:ポリシーテンプレートを設定

②-⑫:チャネルガードレールポリシー

● チャネルガードレールポリシー
チャネル IAM ロール・ユーザーロールより優先されるポリシーです。
CloudWatchReadOnlyAccess はつけておくとグラフが閲覧できます。

②-⑬:通知設定

*トピックに SNS で作成したものを指定してください。

③ CloudWatch

*EC2 は作成されている前提で進めていきます。

③-①:Cloudwatch>アラーム>【アラームの作成】をクリック

③-②;お好みのメトリクスを選択

③-③:アラーム条件を選択

③-④:通知設定

③-⑤:アラーム名を指定する

③-⑥【アラームの作成】をクリック

④ 通知テスト

④-①:アラーム状態になっているか確認する

④-②:アラームが通知されているか確認する

*閾値をアラートが発生しないようにすると、以下のようにリカバリーが確認できます。

まとめ

今回は、CloudWatch アラームを Chatbot で Slack に通知する方法に記事をご紹介しました。

Slack でアラーム通知する際は、簡単に Chatbot を使うと通知できます。
グラフURLやグラフの画像までついてくるので、アラームが非常に見やすいですね!

Slack は簡単に実装できますが、Teams・Chatworkでアラームを通知する場合は、AWS Lambda で Python のコードを書いたり、Webhook を用意したり、色々な手間がかかります...

AWS にはぜひ、Teams・Chatwork にも Chatbot に対応させてほしいなと思いますね(たぶん無理そうですが...)

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
14
読み込み中...
14 票, 平均: 1.00 / 114
11,186
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

ヒデ@インフラエンジニア

超面白かった面接がきっかけで。
大阪のシステムソリューション部に中途入社した人
サーバー・クラウドの構築や運用を業務としています!
一応、LPIC1・AWS SAA・OCI Architect Associateを資格は持っています

実はラーメンが大好きで
大阪では100店舗以上潜入調査済み(。-∀-) ニヒ
ビヨンドのラーメン王を目指し奮闘中!!

Twitterもやっているのでフォローしてね(´∇`)
右角のTwitterマークをクリック!!