【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

AWS ChatbotでCloudWatchアラームをslackへ通知しよう!!

*三木ジェット(神戸摩耶)

 

こんにちは!
株式会社ビヨンド大阪オフィスのラーメン王、ヒデです。
今回が5回目の投稿です。

前回は最近、僕が案件でも実装しました、
CloudwatchアラームをTeams・Chatworkに通知することについて話しましたので、
今回は、AWS ChatbotでCloudWatchアラームをslackへ通知する方法について話します!
前回のブログ記事では、Lambda・pythonを触って通知する面白い記事を書いたので、
興味ある方は、ぜひ見てくださいね!

CloudwatchアラームをTeams・Chatworkに通知してみた!

 

構成図

 

構成図は上記になります!
CloudWatchでEC2のメトリクスを取得して、アラームが発生すれば SNSに通知します
そして、SNSはCloudWatchから送られてきたアラームをChatbotに送信します
次に、ChatbotはそのアラームをSlackに送信するという流れになります!
Teams・ChatworkよりLambdaを使わないので、簡単に実装できます。
では、一緒に頑張って構築していきましょう!

 

構築手順

①SNS

①-①SNS>トピック>トピックの作成をクリック

 

 

 

①-②以下情報を指定して【トピックの作成】をクリック

タイプ:スタンダード
名前:好きな名前を記入してください

 

 

 

 

 

①-③正常に作成されたことを確認する

 

 

 

②Chatbot

②-①Chatbot>設定済みクライアント>【新しいクライアントを設定】をクリック

 

 

 

②-②Slackを選択して【設定】をクリック

 

 

 

②-③ワークスペースにサインインする

 

 

 

*すでにログインしたことがある場合は、以下の画面になります。
新しいワークスペースを作成する場合は、右上から【別のワークスペースを追加する】をクリックしてください。

 

 

 

*SlackのワークスペースURLを見つける方法は以下になります。

引用記事:自分が参加しているワークスペースの Slack URL を確認する

1.参加しているワークスペース名をクリック

 

2.ワークスペース名の下に、参加しているワークスペースの Slack URL を確認

 

 

 

②-④指定のワークスペースにログインする

②-⑤権限を許可する


 

 

 

②-⑥承認の確認後に【新しいチェネルを設定】をクリック

 

 

 

②-⑦設定名を入力

*設定名はお好きなものを設定してください。
*CloudWatchLogsにログを記録したい場合は、チェックを入れてください。

 

 

 

②-⑧Slackチャネルを選択

*パブリック・プライベートを選択してから、チャネル名を選択してください。

 

 

 

②-⑨ロールを設定

・チャネルIAMロール
slackのチャンネルにいる全メンバーに同じ権限を付与するロール

・ユーザロール
slackのチャンネルにいるメンバーそれぞれに別々の権限を付与するロール

 

 

 

②-⑩チェネルIAMロールを設定

*チェネルIAMロールは【テンプレートを使用してIAMロールを作成する】を選択
*ロール名は、お好きなものを決めてください。

 

 

 

②-⑪ポリシーテンプレートを設定

 

 

 

②-⑫チェネルガードレールポリシー

・チェネルガードレールポリシー
チェネルIAMロール・ユーザーロールより優先されるポリシーです。
CloudWatchReadOnlyAccessはつけておくとグラフが閲覧できます。

 

 

 

②-⑬通知設定

*トピックにSNSで作成したものを指定してください

 

 

 

③CloudWatch

*EC2は作成されている前提で進めてさせて頂きます。

③-①Cloudwatch>アラーム>【アラームの作成】をクリック

 

 

 

③-②お好みのメトリクスを選択

 

 

 

③-③アラーム条件を選択

 

 

 

③-④通知設定

 

 

 

③-④アラーム名を指定する

 

 

 

③-⑤【アラームの作成】をクリック

 

 

 

④通知テスト

④-①アラーム状態になっているか確認する

 

 

 

④-②アラームが通知されているか確認する

 

 

 

*閾値をアラートが発生しないようにすると以下のようにリカバリーが確認できます

 

 

 

まとめ

今回は、cloudwatchアラームをchatbotでslackに通知する方法について、話しました
slackでアラーム通知する際は、簡単にchatbotを使うと通知できます。
グラフURLやグラフの画像までついてくるので、アラームが非常に見やすいですね!

Slackは簡単に実装できますが、
Teams・chatworkでアラームを通知する場合は、Lambdaでpythonのコードを書いたり、Webhookを用意したり、色々な手間がかかります...

AWSにはぜひ、Teams・chatworkにもchatbotに対応させてほしいなと思いますね.....
たぶん無理そうですが.....

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
10
読み込み中...
10 票, 平均: 1.00 / 110
171
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

ヒデ@インフラエンジニア

超面白かった面接がきっかけで。
大阪のシステムソリューション部に中途入社した人
サーバー・クラウドの構築や運用を業務としています!
一応、LPIC1・AWS SAAを資格は持っています

実はラーメンが大好きで
大阪では60店舗以上潜入調査済み(。-∀-) ニヒ
ビヨンドのラーメン王を目指し奮闘中!!

Twitterもやっているのでフォローしてね(´∇`)
右角のTwitterマークをクリック!!