CDN 構築・運用保守サービス

ビヨンドのサービス案内

Webサイトやアプリをグローバル高速配信

CDN(Contents Delivery Network)とは、世界中に配置されたコンテンツ配信用サーバーを通じて、ユーザーにとって最も物理的な距離が近いサーバーから、キャッシュデータを配信するネットワークサービスです。

ゲームやアプリ・メディアサイトなどのWebサービスやコンテンツ安定して配信するには、途切れることなく配信できるインフラ環境の構築・運用が必要です。CDN を利用することで、アクセス集中の対策・表示速度の改善など、快適なWebサービス・コンテンツの配信の効果が期待できます。

マルチクラウドに対応
構築から運用まで、トータルサポート
アカウントの持ち込みにも対応

CDN 構築・運用保守サービス

◆ CDN の構築・運用保守をサポートいたします ◆

CDN 構築・運用保守サービス

ビヨンドでは、お客様のご要望や用途に応じた、CDN サービスの導入から、構築・運用保守をオールインワンでご提供いたします。CDN 構築・運用保守サービスであれば、お客様の現在のシステム状態や課題などをヒアリングし、最適なCDNサービスをご提供が可能です。

CDN の導入後は、CDN をより効果的に活用するための技術サポートを提供しております。CDN の設定や機能・運用に関するご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

    初期費用
    60,000円(税別)~

    月額費用
    20,000円(税別)~

  • CDN ホスト設定
  • 仮想パス設定
  • キャッシュ設定
  • アクセス制御
  • パラメーター 追加 / 変更
  • 監視・モニタリング
  • SSL証明書 設置・設定
  • オリジンサーバー設定
    ※ オプション
  • DNS レコード設定
    ※ オプション
ビヨンド グローバルCDN イメージ画像

● ビヨンド独自のグローバルCDNサービス


ビヨンドが独自に提供するグローバル対応のCDNは「1GB / 1円(税別)」でご提供しています。もちろん、データ転送量のコミット契約は必要ありません。

70ヶ国を超える国・地域をグローバルにカバーする、180Tbpsを超える総帯域幅のインフラストラクチャで、お客様のビジネスに適した、費用対効果の高いコンテンツ配信を実現することができます。

また、お客様のご要望に応じて、CDNサービスの設定や運用・移行、技術サポートにも対応可能です。

CDN 構築・運用保守サービスに関する よくある質問

ビヨンドが提供するサービスは、どのような用途に適していますか?

ビヨンドが提供するサービスは、どのような用途に適していますか?

ゲームやアプリ・ECサイト・メディアサイト・デジタルコンテンツなどのWebサービスで、特に「スピード」と「柔軟性」が求められ、売上に直結するサービスを運営している企業様や、コンテンツ開発と運営に集中したい企業様、そもそもサーバー管理者が不在などのケースに当てはまる企業様が適しているかと思われます。

また、そういった課題を抱える企業様が、ビヨンドのようなクラウド / サーバーの構築、運用保守 / 監視に特化した、MSP(マネージドサービスプロバイダー)へアウトソースされるケースが多い傾向にあります。

● クラウド / サーバー設計・構築
● クラウド / サーバー運用保守・監視(24時間365日)
● クラウド / サーバー運用監視サービス(24時間365日) 
● AWS クラウド インテグレーション
● AWS 運用監視サービス(24時間365日)
● クラウド / サーバー移行・マイグレーション
● 北米クラウド / サーバー構築・運用保守

大規模なインフラの構築・運用にも対応していますか?

大規模なインフラの構築・運用にも対応していますか?

はい、大規模なWebサービス・システムの用途で利用される、インフラ環境の構築、運用保守 / 監視を得意としております。

何十台・何百台以上のサーバー台数(ホスト台数)が伴う、インフラ環境の設計や構築、24時間365日の運用保守 / 監視に対応しています。もちろん、最小構成のサーバー台数である場合は、1台のサーバーからでもお受けしております。

● クラウド / サーバー設計・構築
● クラウド / サーバー運用保守・監視(24時間365日)
● クラウド / サーバー運用監視サービス(24時間365日) 
● AWS クラウド インテグレーション
● AWS 運用監視サービス(24時間365日)
● クラウド / サーバー移行・マイグレーション
● 北米クラウド / サーバー構築・運用保守

よくある質問 一覧を見る