【オンラインRPG】転生したらビヨンドのインターンだった件

【オンラインRPG】転生したらビヨンドのインターンだった件

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【CMS】WordPress専用 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【CMS】WordPress専用 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECアプリ開発】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECアプリ開発】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC CPU サーバー 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC CPU サーバー 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SEKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SEKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

社内勉強会で個人ブログを立ち上げたお話をしました!

こんにちは。
インフラエンジニアの寺岡です。

弊社では月に一度社内勉強会を開催しており
そこで個人ブログを立ち上げたお話をしました。
完全に業務とは別ですが備忘録として残しておこうと思います。
スライドは以下から見れます!

個人ブログを立ち上げる上で考慮したこと

  • 極力お金をかけたくない
  • 管理するリソースを減らしたい

この2点です。
個人で運営することになるので極力ランニングコストは抑えたいですし
管理するリソース(ネットワークやサーバ)も極力減らしたいです。

また、極端な冗長性や可用性は正直求めていないので
特に管理はしないけどそれなりに動いている、障害で止まったらそのときは仕方がない。
というようなスタンスです。

立ち上げるために工夫したこと

立ち上げたブログですが、以下のような特徴があります。

  • 全てhtmlやCSSなどの静的コンテンツ
  • データベースを利用していない
  • ドメインの維持費を覗いてランニングコスト0
  • 個人で管理しているサーバがない

この特徴を実現するためにHugoGitHub Pagesを使っています。
ツール自体の説明はスライドに記載しているので省きますが

  • 静的サイトをHugoで管理
  • Hugoで管理しているサイトをGitHub Pagesが有効になったリポジトリにアップロード

という2点を行い、S3の静的WEBサイトホスティングの機能とほぼ同等の仕組みでサイトが稼働しています。
なお、当初はCloudFront + S3で構築する予定でしたがランニングコストがかかるので見送りました。

今後

立ち上げたのはいいものの記事を全く書けていないので記事数を増やしていきます!
最初はTerraformネタを書こうかなと考えてますが
気になった方は是非覗いてみてくださいー!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
162
facebook twitter はてなブックマーク
【オンラインRPG】転生したらビヨンドのインターンだった件【プレイ無料】

【オンラインRPG】転生したらビヨンドのインターンだった件【プレイ無料】

この記事をかいた人

About the author

寺岡佑樹

2016年ビヨンド入社、現在6年目のインフラエンジニア
MSPの中の人として障害対応時のトラブルシューティングを行いながら
AWSなどのパブリッククラウドを用いたインフラの設計/構築も行っている。
最近はDockerやKubernetesなどのコンテナ基盤の構築や
運用自動化の一環としてTerraformやPackerなどのHashicorpツールを扱うことが多く
外部の勉強会やセミナーで登壇するEvangelistの役割も担っている。

・GitHub
https://github.com/nezumisannn

・登壇経歴
https://github.com/nezumisannn/my-profile

・発表資料(SpeakerDeck)
https://speakerdeck.com/nezumisannn

・所有資格
AWS Certified Solutions Architect - Associate
Google Cloud Professional Cloud Architect