【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【15周年記念 特設サイト】ビヨンドは「2022.4.4」で15周年を迎えました!

【15周年記念 特設サイト】ビヨンドは「2022.4.4」で15周年を迎えました!

【超絶入門1分】できた!Linux系OSのシステム稼働時間を調べる

こんにちは!
株式会社ビヨンド四国オフィスのペルシャ猫、いのうえです。

かっこよく言えばMSPの私が日々障害対応していくなかでよく使うコマンド「uptime
Linux系OSのシステム稼働時間を調べるコマンド。
再起動なんかがあった時は、この「uptime」コマンドでいつ再起動が実施されたかわかります。

uptimeコマンド

システムの稼働時間を調べる

[root@test-aws-harukainoue ~]# uptime
 07:56:53 up 16 min,  1 user,  load average: 0.00, 0.00, 0.00

向かって左から
■起動された時刻
⇒07:56:53にシステムが起動された(時:分:秒)
■起動されてから経過した時間
⇒起動されてから16分が経過している
■ログインしているユーザ数
⇒1ユーザが現在ログインしている
■負荷状況を表すロードアベレージ(1分、5分、15分)
⇒プロセスが特に動いていないため負荷はかかっていない
ということが「uptime」コマンドでわかりました。

まとめ

uptime」コマンドには、オプションはありません。
だから、簡単そうに感じますが
そもそも「uptime」コマンドを知っていなければいつ起動されたのか調べ方もわからない。
uptime」コマンドを叩いたところで、見方がわかっていなければどこを確認すべきかわからない。
インフラエンジニアが意外とよく使うコマンドです!

今後もトライアンドエラーとやらを繰り返し、
お気に入りのコマンドや、個人的にもっと理解を深めたいコマンドに関してブログを書いていきます。

日々成長、日々前進。
毎日、私自身をアップデートしていかなければ!!!
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
3,953
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

井上明香

システムソリューション部に所属。
ビヨンドに四国オフィス設立メンバーとして入社。IT業界に未経験で飛び込みました。
教育チームとして、新卒、中途、既存メンバーのカリキュラムの作成や研修の実施を行っています。
主な業務は、サーバーの運用保守。
とにかく、お客様のコンテンツを大切に思っています。
Webコンテンツ事業部、YouTubeチームにも所属。