[Osaka/Yokohama] Looking for infrastructure/server side engineers!

[Osaka/Yokohama] Looking for infrastructure/server side engineers!

[Deployed by over 500 companies] AWS construction, operation, maintenance, and monitoring services

[Deployed by over 500 companies] AWS construction, operation, maintenance, and monitoring services

[Successor to CentOS] AlmaLinux OS server construction/migration service

[Successor to CentOS] AlmaLinux OS server construction/migration service

[For WordPress only] Cloud server “Web Speed”

[For WordPress only] Cloud server “Web Speed”

[Cheap] Website security automatic diagnosis “Quick Scanner”

[Cheap] Website security automatic diagnosis “Quick Scanner”

[Reservation system development] EDISONE customization development service

[Reservation system development] EDISONE customization development service

[Registration of 100 URLs is 0 yen] Website monitoring service “Appmill”

[Registration of 100 URLs is 0 yen] Website monitoring service “Appmill”

[Compatible with over 200 countries] Global eSIM “Beyond SIM”

[Compatible with over 200 countries] Global eSIM “Beyond SIM”

[Compatible with Chinese corporations] Chinese cloud / server construction, operation and maintenance

[Compatible with Chinese corporations] Chinese cloud / server construction, operation and maintenance

[YouTube] Beyond official channel “Biyomaru Channel”

[YouTube] Beyond official channel “Biyomaru Channel”

【中国・東莞】Huawei Cloud APAC Partner Connection Summit 2024 に参加しました

はじめに

いよいよ深圳も湿気が強くなり、「そろそろ深圳オフィスへの出社も半ズボンになるな~」と思いながら、この記事を書いています、中国事業部の高城です。

今回は中国の東莞で開催された、「Huawei Cloud APAC Partner Connection Summit 2024」のイベントに参加してきましたので、そのイベントの様子をレポートしたいと思います。

東莞にある松山湖キャンパスへ移動

まず初めに、カウンターで深圳駅から東莞駅行のチケットを購入し、新幹線な乗り物(高鉄)に乗って、おおよそ40~50分程で東莞駅に到着です。

どちらかというと、日本でいうところの特急電車的な雰囲気でしたが、社内は快適であっという間に東莞へ着きました!

■ 乗り込む直前の様子

東莞駅に着いたら指定のホテルまで移動し、そのホテルから運行されている専用のシャトルバスに乗って、松山湖キャンパスに移動します。

■ 夕焼けの松山湖キャンパス

Huawei Cloud APAC Partner Connection Summit 2024 とは

このイベントは、3/25(月)~ 3/27(水)の3日間、R&D施設がある 東莞市 松山湖 のキャンパスにて開催され、アジア地域の多くの国々から、Huawei Cloud様とパートナー関係にある会社様が一堂に会し、交流を深めるイベントでした。

また、それ以外にも、キャンパス自体の紹介や年間の表彰式など、内容も盛りだくさんで、非常に活気のある盛大なイベントでした!

■ 2日目のディナーイベント

イベントを終えて

私も初めてHuawei様のオフィスへお伺いさせて頂きましたので、改めてその規模感と最新の設備には驚かされるばかりで、とても刺激的なイベントでした。

全てがデカくて綺麗といいますか、1つのテーマパークみたいな雰囲気もありつつ、ここで世界中に展開するサービスや最新技術が開発されているんだなと思うと、改めて自分が深圳にいる意味をもっと深く考える必要があるなと感じました。

■ イベント中の様子

イベント期間中もアジアの国々から様々なパートナー様が来られていました。

昼食を取りながら会話をしたり、ブースを出されている会社様に、直接そのサービス・製品の特徴をお伺いする中で、東南アジア諸国をはじめとする多くの国々で、Huawei Cloudの技術を駆使した最新のサービスが展開されている事を、改めて再認識しました。

中国や日本国内のみならず、もっと大きい視野で活動していける様に、今後も業務に励みたいと思います!

最後に

弊社ビヨンドの中国(深圳)オフィスでは、Huawei Cloud などのクラウドプラットフォームを駆使して、お客様のシステムを設計構築から運用保守まで、トータルでサポートすることが可能です。

ぜひ今回の記事と併せて、ビヨンドの中国オフィスについても、ご興味を持っていただければ幸いです!

中国クラウド / サーバー構築・運用保守

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
3
読み込み中...
3 票, 平均: 1.00 / 13
134
X facebook はてなブックマーク pocket
[2024.6.30 CentOS support ended] CentOS server migration solution

[2024.6.30 CentOS support ended] CentOS server migration solution

[2025.6.30 Amazon Linux 2 support ended] Amazon Linux server migration solution

[2025.6.30 Amazon Linux 2 support ended] Amazon Linux server migration solution

[Osaka/Yokohama] Actively recruiting infrastructure engineers and server side engineers!

[Osaka/Yokohama] Actively recruiting infrastructure engineers and server side engineers!

The person who wrote this article

About the author

Masahiro Takajo

After graduating from university, I joined a certain system integrator and
started my career as an infrastructure engineer.
He joined Beyond in June 2021 and
currently belongs to the System Solutions Department.
We provide 24-hour, 365-day operation, maintenance, and monitoring services for servers and clouds used by companies that primarily provide web-based services.

The qualifications held are as follows:
① AWS SAA
② Lpic 101